プロミスカードローン申込のメリット

プロミスカードローン申込のメリットの1つ目は、申込者の便利な場所や時間帯などの利用シーンに合わせて次の4つの方法から申込ルートを選ぶことができることです。

その4つのルートとは、「インターネットや電話からの指定口座への振込み」と「プロミスの店頭窓口であるお客様サービスプラザでのお金を借りる方法」と「プロミスATMからのキャッシング」と「提携ATMからのキャッシング」です。

従って、申込者は自分の最も便利な方法を選択して申込むことができます。

プロミスカードローン申込のメリットの2つ目は、審査に特に問題が無い人の場合はWEBの自動審査の「簡単秒診断」などで素早く審査されることです。

プロミスカードローン申込のメリットの3つ目は、本人確認書や所得を証明する書類をメールで送れることです。

従って、店頭まで持参したり郵送するなどの手間が掛からず、融資実行までの時間も掛かりません。

プロミスカードローン申込のメリットの4つ目は融資の振込みが早いことです。

平日の場合は申込を14時50分までに完了すれば僅か10分で指定の銀行口座に資金が振り込まれる「スピードキャッシングサービス」があり、更に、顧客の銀行口座がプロミスの親会社である三井住友銀行とジャパネット銀行の場合は、24時間365日10秒程度で振込み手続を行う「瞬フリ」という機能があります。

プロミスカードローン申込のメリットの5つ目は24時間申込ができることです。

従って、申込者の最も便利なルートを使って、24時間好きな時間帯に申込手続を行うことができます。

プロミスカードローン申込のメリットの6つ目は、初めてのカードローンの契約の場合でも店舗に行かずに契約することができます。

これは顧客の利便性が高まるだけではなくて、消費者金融会社の店頭に行くのに抵抗がある人にとっては非常に便利な機能と言えます。

現在、プロミスではこの様な機能を総動員して、顧客の利便性を追求していると言えます。

 

利用した後が怖い。

私はすごく金が荒くて給料前には無かったからです。

 

私がキャッシングを利用したのがその頃なんです。

 

初めてキャッシングの店に入った時は緊張してドキドキしましたね。

 

最初は30万借りて携帯など払いましていろいろと使っていましたが、返済が楽でしたが、その間にはクレジット機能も付くようになり、金額も上限の50万となりクレジットも上限の30万になっていました。

 

携帯電話の定額制が出だした頃で、まだ、他社の時代だったのでパケット通信が高額になったので大変でした。

 

一人暮らしもしていた時は大変で生活費もいるころでまたキャッシングを申し込んでしまったからです。

 

返済も2か所だったので大変でした。

 

所がここから一番辛かったのです。

 

職場を解雇されて、返済に困りました。

 

電話の催促もあったり大変でしたが、現在は過払い金があって1か所だけ返済は続けています。

 

早く落ち着きたいです。

ネットでの申し込みはアコムじゃないと困ります。

カードローンの借入総額の限界

2010年の貸金業法の改正で総量規制が導入され、申込者の前年の年収の1/3までしか借入ができなくなりました。

最初はこの様な規制は、いつものお役所仕事なのかと思いました。

しかし、実際に計算してみると、年収の1/3までの借入総額は現在のカードローンの適用金利を考えると理に適ったものであることが解ります。

例えば、年収600万円の平均的なサラリーマンの場合は、総量規制では総額200万円までしか借りることはできません。

カードローン200万円の借入で年率20%の金利負担は年間で40万円ですから、毎月の金利負担相当額は33,000円に上ります。

年収600万円程度のサラリーマンの平均的な月の小遣いは3万円~4万円ですから、仮に妻や家族に内緒で200万円のカードローンを組んだとした場合、このサラリーマンは毎日昼食を抜くことになります。

また、年収300万円の場合のカードローンの上限額は100万円ですから、毎月の金利負担額は16,000円に上ります。

従って、年収300万円のサラリーマンの場合も、妻や家族に内緒で100万円のカードローンを組んだとした場合、このサラリーマンは毎日昼食を抜くことになります。

つまり、現在のカードローン適用金利が15%~20%程度の水準が続く限り、年収の1/3の総量規制は理に適っているといえ、年収の1/3以上のカードローン残高は1人のサラリーマンが返済できる金額ではありません。

従って、様々な事情でカードローンの借入残高がこの水準に達してしまった場合は、自分一人で悶々と悩むのではなくて配偶者や家族に相談して、皆が力を合わせて返済していく努力が求められます。

いつまでも自分のプライドやミエを張って誰にも相談できないでいると、カードローン残高は静かに少しづつ額が膨らんで多重債務の状態に入り込んでしまうことになるのです。

多重債務の状態に陥ると、場合によっては配偶者や家族が協力しても返済できない場合も有り得ます。

従って、早く手を打つことが大事なのです。

参考サイト : 即日カードローンの特集はこちら

大手消費者金融会社のカードローン

個人向け無担保カードローンを事業の中心にしているのは消費者金融会社だけです。

つまり、消費者金融会社は個人向け無担保カードローン専業とも言える訳です。

その意味では、ライバルの銀行カードローンや信販クレジット会社カードローンに負けてはいられません。

何故なら、銀行や信販クレジット会社は、個人向け無担保カードローンを事業が無くとも会社が潰れることはないからです。

しかし、個人向け無担保カードローン事業を専業としている消費者金融会社のカードローンに有利性は見当たりません。

そこで、消費者金融会社はグレーゾーン金利の過払い金返還問題で大きなダメージを受けて以降、顧客の利便性に業界を上げて取り組んでいると言えます。

やはり信用やステータスでは大手銀行や大手信販クレジット会社には勝てないため、顧客に対する利便性で消費者金融会社は活路を見出そうとしています。

個人向け無担保カードローン事業に於ける消費者金融会社の最も大きな強みは、個人向け無担保カードローンの事業の与信管理ノウハウと過去の膨大な個人データです。

この点に於いては、銀行や信販クレジット会社は消費者金融会社には敵いません。

そこで、消費者金融会社は審査の精度をある程度犠牲にしてでも、審査のスピードに徹する姿勢を見せていると言えます。

審査のスピードを上げれば、審査の精度が落ちることは否定できません。

従って、融資できる筈の顧客が審査にパスできなくなるよりも、融資できない顧客が審査にパスすることが多くなる筈です。

つまり、カードローンの審査が甘くなることは否定できません。

しかし、その結果、インターネットでの10秒や30秒簡易診断や本審査の30分回答即融資や、遅くとも即日融資の実施ということができる様になっています。

そして、消費者金融会社の個人向け無担保カードローン事業が銀行や信販クレジット会社に対抗していくためには、顧客の利便性に加えて他の何かが必要と言えます。

 

ヤミ金業者のカードローン

ヤミ金業者のカードローンは最初から貸金業法などの法律を守ることを前提にしていません。

ヤミ金業者を闇金業者とも呼ぶように、最初から違法営業を前提にしている点がこれまでの業者とは大きく異なるポイントです。

但し、ヤミ金業者と言えども強盗や窃盗とは違いますから、最初に契約した金利と借入元金をキッチリ返済すれば何もトラブルになることはありません。

しかし、その金利は月利で20%~30%という高利で、年率に換算すると240%~360%とという異常な金利です。

例えば、100万円を年率360%で借りた場合の1年後の元利合計金額は460万円になります。

通常の消費者金融会社の適用金利の上限は年率20%ですから、100万円を年率20%で借りた場合の1年後の元利合計金額は120万円になります。

只、年率で240%~360%という金利は低い方で、年率1,000%を超える金利も少なくない様です。

従って、もともと、追い詰められてこの様に高い金利でも借りてしまう訳ですから、最初の数ヶ月はともかくとして返済できなくなるのが当り前です。

そこからがヤミ金業者の本当の仕事が始まる訳です。

返済が滞るとヤミ金業者は、様々なプレッシャーを掛けてきます。

そして、家族も次第に巻き込みながら甘い汁を吸おうとする訳です。

しかし、この様なヤミ金業者は、言葉はともかくとして手荒な行動には決してでません。

暴力を振るうと、直ぐに警察沙汰になることを知っているからです。

また、顧客が開き直って弁護士などから連絡すると、直ぐに姿をくらまします。

基本的にヤミ金業者は事務所も無く固定電話も無い中で営業しているからです。

つまり、顧客側が護士などを伴って出て来ると、法的には勝てないことを知っています。

そして、その時には既に十分に利息を含めて返済は終わっている訳です。

従って、ヤミ金業者から借りるのであれば、既にある借金を踏み倒す方がまだマシと言えます。

つまり、返済に困った時は、最後まで努力しないでギブアップすることも大事なのです。

今すぐお金を借りる場合には安心して借り入れできるキャッシング業者を選びましょう。